スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投信のコスト

投信に限らず株価を購入するような場合には、コストというようなものを十二分に考慮してから実際に購入するようにしなければいけません。

投信に関するコストというのは、実際、いろんな手数料の事を指していて、売買のときにかかる感じの手数料、所得税や消費税などの税金などさまざまなようなものがコストとして、実際、かかります。

投信のコストに関してはだいたい二つの種類があって、購入時にかかるような販売手数料や換金時にかかるような換金手数料、源泉徴収税、あるいは、分配金にかかる税金など直接的に負荷しなくてはならない感じの手数料という種類と、ファンドを購入するようなときに募集をかけていますがその募集手数料、あるいは、売買委託手数料など間接的に負荷しなくてはならない感じの手数料という種類があります。

では、少し詳しく見てみたいと思われます。
【直接的に負荷しなくてはならないコスト】
○購入時に関わる感じのコスト
 ・ファンドを販売する場合にかかる感じの販売手数料がかかります。普通は基準価額の1~3%程度の手数料を実際に支払わなければいけません。
但し、一部ノーロードファンドなど無料の感じのものもありますので、詳しくはちゃんと販売会社にチェックするようにして下さい。

○換金時に関わるようなコスト
 ・信託財産保留額というようなコストが必須なケースがありますが、これはファンドに実際に依存するのです。
 ・所得税や住民税に関しては利益が出ているような場合にのみ課税される感じのコストになります。

【間接的に負荷しなくてはならない感じのコスト】
○購入時に関わるようなコスト
 ・単位型投信の場合に、募集価額として実際に内枠に提示されているため間接的に支払っているという感じのコストになります。

○保有時に関わるようなコスト
 ・運用・販売・管理の各会社について管理報酬を信託報酬という感じの形で支払わなくてはならないようなコストです。


⇒ ハゲタカ債券投資法

テーマ : 知らないと損をする
ジャンル : 日記

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。