スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジットケアとは

ビジットケアというのは、両親などを家庭内でケアしているような人の補助を実際に考えてホームヘルパーなどが自宅をビジットして介護をするような形態を言います。
要ケアの認定を受けた感じの人に対しての、食事・お風呂・排泄などに関しての介護は「身体ケア」といい、身の回りの介護である掃除・洗濯・買い物・あるいは、食事の準備といったというようなことは「生活ケア」と言います。
これらのケアは「ビジットケア計画」に実際に沿って行っていきます。
具体的に、一体、どんなケアを受けるかに関しては、介護マネージャーと十二分に相談しながら、実際「介護プラン(ビジットケア計画の通称)」を実際に作っていきましょう。
ビジットケアにおいては、実際、その要ケア度に応じた範囲での保険の対象しかまったく認められませんから、ホームヘルパーのビジット回数やビジット時間に関してもあまり十二分とはいえないと思います。
そのような感じの部分は親族が補完してやるしかないという感じのものが、実際、ケアの現実と言えるんです。
そして、ホームヘルパーに関しても人間ですから、実際、いつでもまったくてきぱきとやれるとはあまり限りません。
特にケアを始めたばかりならば、アナタの親族との信頼関連を築いていく感じのことも大切な感じのことになります。
ケアの方向性といった感じのものも人によってかなり微妙に違いますから、ホームヘルパーとの人間関連に関してきちんと真剣に考慮しておかなければ、せっかくのビジットケアがあまり有益に生かされないというようなことにも、実際、なりかねません。
ケアをするといっても、何でもかんでも介護をしてやればいいというようなものでも、実際、ありません。
自分でできる範囲のというようなことは自分でやるという感じのこともかなり大切なんです。
ホームヘルパーと親族の間で、実際、そのようなケアの方向性の違いがかなりあるのならば、できる限りお互いの意見に関しての違いをちゃんと無くしておきましょう。

スポンサーサイト
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。