スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュージックバンド

エキゾチック・オリエンタルダンスの流行と共に、エキゾチック・オリエンタルダンスをプレイしている歌手やミュージックバンドもかなり注目されるようになってきました。
日本各地でライブやワーク店を行い活動している評判バンド「タブラクワイエサ」に関してご説明してください。
「タブラクワイエサ」は、2001年に東京で結成された評判バンドでエキゾチック・オリエンタルダンスをミュージック面から盛り上げています。
このバンドは、実際、世界でも珍しい感じのアラブパーカッションバンドです。
ダラブッカ、レッ、ドホラ、ドフ、あるいは、サガットなどのエジプト打楽器のみを実際に使用して、プレイはもとより、楽器を叩きながら、実際踊ったりしてショーをダンサーと共にとても盛り上げています。
「エジプション・スーフィー」に関してのパーカッションアンサンブルを基に西洋や我が国のミュージックを融合させた感じの新しいスタイルを創り上げました。
我が国の実力派ミュージシャンを集めて我が国で最初のオーケストラを編成したのも彼らです。
我が国のエキゾチック・オリエンタルダンス界ではなければならない存在です。
更に我が国とエジプトの民間大使としても、実際、活動しています。
大使館主催の催し物やパーティなどでかなり活躍しています。
アラブミュージックの垣根を越えて国内外のさまざまなミュージシャンと実際に競演を果たしています。
「タブラクワイエサ」は、ダンスとミュージックを通して世界平和に貢献しようと、実際、しているんです。
リーダーに関しては2008年からカイロで日本人初のミュージシャンデビューも実際に果たしました。
バンドとしては東京にエキゾチック・オリエンタルダンスとタブラの専門スクールをオープンしました。
我が国でもたくさんのエキゾチック・オリエンタルダンサーとコラボレーションし、我が国でのエキゾチック・オリエンタルダンス流行の火付け役としての役割を実際に果たしています。
スポンサーサイト
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。