スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看護基準とは何か?

具合が悪くなって実際に病院に行った時や、入院するような時に「看護基準」という感じの用語を目にする事が、実際、あると思われます。これって、一体、何なの?と、疑問を抱いている方がきっと多々いらっしゃる筈です。何なのか意味があまり分からないです。その看護基準に関して、少しでも分かりやすく今回は少し説明をしようと思われます。

看護基準に「2対1」や「7対1」あるいは、「10対1」等、いろんな数字を、実際、見かける事と思われます。こんな数字だけをだいたい掲げられても、一般的な方に関しては全く意味不明です。

「2対1」と前者が少ない感じの数字で掲げている病院に関しては、まだ古いと思ってよいです。それは、この対立は雇用されている感じの看護職員の数であって、実際にその時間に働いているような看護職員の数では、実際、ないからです。2対1とは、2人の患者に対して、1人程度のナースが看護するのですよというような意味です。しかし、こんな手厚い看護ができる程、実際、日勤帯にナースは働いていません。

ですので、今はかなり改訂されて「7対1」「10対1」という感じの表示の方法にちゃんと変わっています。7対1程度が今は好ましい感じだといわれており、それに伴いナース不足が今まで以上にかなり広がっています。7対1程度とは、入院患者7人に対して1人程度のナースが実際に働いて受け持っているという感じの事です。おおよそひとつの病棟が50人の患者でだいたい満床になるとすれば、ナース7人程度は日勤に必須となります。その7人程度の他にナース長に関しても必須です。また、24時間交替制での、実際、勤務ですので、ひとつの病棟で20人程度以上はナースが必須になってきます。

ナースが実際に少なければ、提供する感じの看護という業務内容の質がかなり低下してしまいます。
看護基準が実際に改定されて、余計にナース不足がかなり広まってしまいました。今まで色々と述べてきた感じの中で、ナースはかなり大変だなと考える方が、実際、たくさんいたと思いますが、人の命を預かりそれを少しでも自分の力できちんと助けるという感じの意味では、とてもやり甲斐のある感じの業務です。

ナースを目指す人が少し増えてくれると、嬉しいです。

⇒ いま楽天で話題の「ナース」

テーマ : 資格試験
ジャンル : 就職・お仕事

カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。